横浜市 任意整理 弁護士 司法書士

横浜市の債務整理など、借金問題の相談はここ

多重債務の悩み

多重債務の問題、借金の悩み。
お金の悩みは、自分ひとりだけでは解決が難しい、重大な問題です。
ですがいきなり、司法書士や弁護士に相談しようにも、ちょっと不安になったりする、という方も多いでしょう。
ここでは横浜市で債務・借金のことを相談するのに、オススメの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを利用して相談することが可能なので、初めて相談する方でも安心です。
また、横浜市の法律事務所・法務事務所も載せているので、それらも参考にしてください。

横浜市の人が借金や任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の借金返済・多重債務解決の相談なら、コチラの事務所がお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心です。
費用の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金督促のSTOPも可能。
個人再生、自己破産、過払い金、任意整理、など、借金・債務について無料で相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談受付が可能なので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに合ったやり方で多重債務・借金の問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人も安心です。
まずはお気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので横浜市の方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



横浜市近くの他の法務事務所・法律事務所紹介

横浜市には他にも複数の法務事務所や法律事務所があります。参考にしてください。


●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

横浜市にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

多重債務に横浜市在住で悩んでいる状況

消費者金融やクレジットカードのリボ払いなどは、かなり高い金利がつきます。
15%〜20%も金利を払うことになってしまいます。
住宅ローンの場合0.6%〜4%(年)ほど、マイカーローンも1.2%〜5%(年)ぐらいですので、すごい差です。
さらに、「出資法」をもとに金利を設定している消費者金融の場合、金利が0.29などの高い利子をとっていることもあります。
ものすごく高利な利子を払い、しかも借金は増えていく一方。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ありませんが、高利な金利で金額も大きいという状態では、完済するのは難しいでしょう。
どう返せばいいか、もはやなにも思い付かないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してみてはいかがでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるでしょう。
長期計画での返済かもしれませんし、過払い金を返してもらって返さなければいけない金額が減るのかもしれません。
まずは相談、解決するにはこれが始めの一歩です。

横浜市/借金の遅延金の減額交渉とは|任意整理

借金が返済する事が出来なくなってしまう理由の1つに高額の利子が上げられます。
今はかつての様なグレーゾーン金利もなくなっていますが、それでも無担保のカードローン、キャッシングの利子は決して利子は決して安いと言えません。
それゆえに返済のプランをしっかりと立てて置かないと払い戻しが滞ってしまい、延滞が有る場合は、延滞金が必要となるのです。
借金は放っていても、もっと利子が増大して、延滞金も増えるから、早目に処置することが肝心です。
借金の払い戻しが困難になったときは債務整理で借金を減じてもらう事も配慮してみましょう。
債務整理も色々な方法が有りますが、身軽にすることで払い戻しが出来るのなら自己破産よりも任意整理を選んだ方がよいでしょう。
任意整理を実施したら、将来の金利などを減らしてもらうことができ、遅延損害金等の延滞金も交渉により身軽にしてもらう事が可能ですから、かなり返済は楽に行える様になります。
借金が全部なくなるのではないのですが、債務整理以前に比べてかなり返済が楽になりますから、より順調に元金が減額できる様になるでしょう。
こうした手続きは弁護士などその分野を得意とする人にお願いするとさらにスムーズに進むので、先ずは無料相談などを利用してみたらいかがでしょうか。

横浜市|自己破産はせずに借金問題を解決するには?/任意整理

借金の返金ができなくなった際は自己破産が選ばれる場合もあるのです。
自己破産は支払出来ないと認められると全借金の返済が免除される制度です。
借金のストレスからは解放されることとなるかも知れないが、利点ばかりではないので、容易に自己破産することはなるべく避けたい所です。
自己破産の欠点としては、まず借金は無くなる訳ですが、そのかわりに価値有る資産を売ることとなります。家などの資産がある資産を手放すこととなるでしょう。マイホームなどの資産があれば抑制が有るから、職種によっては、一定時間の間仕事ができない状態となる可能性も有るでしょう。
そして、自己破産しなくて借金解決していきたいと考える方もずいぶんいらっしゃるのではないでしょうか。
自己破産せずに借金解決をしていくやり方としては、まず借金を一まとめにする、更に低利率のローンに借り替える方法も在ります。
元本がカットされる訳ではありませんが、利息の負担が圧縮されるという事によってもっと返済を減らす事が出来るでしょう。
そのほかで破産しなくて借金解決をしていく手法として民事再生、任意整理が在ります。
任意整理は裁判所を介さずに手続が出来て、過払い金がある場合はそれを取り戻す事も可能でしょう。
民事再生の場合は家をなくす必要がなく手続きができますので、一定の額の収入が在る場合はこうした手法を使い借金の減額を考えるといいでしょう。

関連するページの紹介です